千葉大学21世紀COEプログラム「持続可能な福祉社会に向けた公共研究拠点」

 本研究拠点は、「持続可能な福祉社会」 (Sustainable Welfare Society)の実現を研究の中心テーマにすえた教育研究拠点を目指しています。
 人口減少・少子高齢・地球温暖化など、大きな構造変化に直面しつつある現在の経済社会は、税制・社会保障制度など社会の根幹となるシステムを持続可能なシステムに切り替えていく必要があります。

 本拠点では、「(1)福祉政策と環境政策の統合」「(2)哲学的・思想的研究と経験的・実証的研究の融合」「(3)市民社会との直接的な対話・交流」の3つを柱としながら、「公共哲学」、「公共政策」及び「国際公共比較」から構成される「公共研究」という新たな学問領域を創造していきます。  これらを通じて、成長を基調とする資源集約型の経済社会に代わるオルタナティブな社会モデルを提案していきます。

 上記の21世紀COEプログラムは2008年度で終了しましたが、2009年度から、千葉大学内の資金により、後継プログラムである「環境制約・人口減少下でのコミュニティ形成」研究が始まりました。この研究プログラムの内容は以下のホームページをご覧ください
http://www.shd.chiba-u.ac.jp/~coe21/s-coe/

○ 「くらしと社会に関する意識調査」について
 このプログラムの一環として千葉大学公共研究センターでは、2009年12月に「くらしと社会に関する意識調査」を実施しております。調査は株式会社日本リサーチセンター(http://www.nrc.co.jp/)に委託しております。ご多忙中のところ誠に恐縮ですが、是非ともご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

Latest News (新着情報)


新着

新着情報


公共研究センターが再開しました。
21世紀COEプログラム「持続可能な福祉社会に向けた公共研究拠点」が2008年度で終了したところですが、今般、学内の資金が確保されたため、公共研究センターが再開されました。最新の情報については、ブログをご覧下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/chiba_recpa
新着

新着情報


多言語(英語、中国語、韓国語)の情報サイトができました。 We are prepared for the multilingual site.→here

新着

新着情報


季刊「公共研究」のバックナンバーならびに第6巻以降についてはこちらをご覧下さい。
COEプログラム表題 これまでの新着情報は こちらです。
メルマガ登録・解除 ID: 0000145216
公共研究通信
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ